2018年10月07日

カフェインが含まれるお茶やコーヒーや紅茶の利尿作用

カフェインが含まれるお茶やコーヒーや紅茶には利尿作用があると言われていますが、実際にこれらの飲み物を飲んでいても、脱水症状にはなりづらいのだそうです。

人間の腎臓は関連が摂取されると、ナトリウムと水分を体外へ出そうとするため尿が多く出ることになりますから、お茶やコーヒーや紅茶を飲み続けると、脱水症状になってしまうのではと心配されます、実際にはそれほど心配しなくて良いようです。

これは、お茶やコーヒーや紅茶が飲み物である水分であることから、まず最初に必要な分の水分を補給した上で、カフェインの利尿作用で残りの水分が尿として排出される訳で脱水症状へとは繋がらないようです。

もしも夏の暑い盛りに水分補給のためにお茶を飲みたいのならば、カフェインが含まれていない麦茶が最適なのですので、日本では古くから夏に麦茶を飲む習慣があるは、すぐれた先人たちの知恵だったのかもしれません。



Posted by ニュー at 06:49