2018年12月08日

水のある星が太陽系にはかなりあるのだそうで

水のある星が太陽系にはかなりあるのだそうで、我々人類がいる地球をはじめ、衛星や準惑星には水が存在しているあるところが意外とあるそうです。

例えば地球よりも太陽から4倍程離れている準惑星のケレスでは、地球よりもかなり小さい星なのですが、その25%が氷として存在し、水となっている地域もあるのではないかと考えられているそうです。

さらに太陽から離れている衛星のエウロパでは、木星の引力の影響によって凍らない水が湖の状態で、存在しているのではないかと考えられており、生命が存在している可能性も否定できないそうです。

これらの地底は生命が存在している可能性があると期待されていますが、その他にも生物のエネルギーの一つと考えられる環・間欠泉が存在する水がある星も複数あると予測されているそうです。

人間のような知能の高い生命が存在するかではなく、小さな微生物のような生命でしたら、太陽系にも存在できそうな場所が多数ある可能性がありそうです。  


Posted by ニュー at 01:13

2018年11月30日

琉球王国の18代国王の尚育王の直筆の書

沖縄かつて琉球王国が存在していたのだそうですが、その琉球王国の18代国王の尚育王の直筆の書が、その男性の自宅で発見されたのだそうです。

この書は、中国の清王朝からの使者に書いたとみられる直筆の書で、唐の時代の詩人の漢詩が絹の上に書かれていたのだそうです。

非常に貴重な書であることから、琉球王国の城だった首里城を管理する財団に寄贈することにしたのだそうで、後世に残るように永久に保存できるように努力すると伝えているそうです。

18代国王の尚育王の時代は非常に激動な時期で、その子供の時代の尚泰王は琉球王国最後の国王となってしまったのだそうです。

歴史的には非常に価値のあるものだと思いますが、書の修復作業を行ったうえで一般公開する事を予定しているのだそうで、首里城で貴重なこの資料を閲覧できるようになるのかもしれません。
  


Posted by ニュー at 04:13

2018年11月05日

テレビのドキュメンタリー番組を見ていてびっくりした事

テレビのドキュメンタリー番組を見ていてびっくりしたのですが、30代40代の女性が健康なのに妊娠する可能性が低いと不妊治療クリニックで説明されているのだそうです。

原因の一つは卵子の老化という問題で、35才の女性が妊娠できる可能性は20歳代の半分程度に落ちてしまうということで、最近の晩婚化がすすむ日本では避けては通れない問題になってきているようです。

もう一つの問題が不妊の理由の半分が男性側にはあって、早めに気づいて治療していれば妊娠できていた可能性がある場合も多いということです。

先進国の中でも少子化問題に真剣に取り込んでいるフランスではこの問題点に早くから対応しているようで、教育の現場で年をとっていくと子供ができづらくなるということを説明しているようで、かなり対策が進んでいるのだそうです。

も世界的に群を抜いて少子化問題が深刻な日本なのですから、かなり対策の上手くいきそうなフランスを参考にして国に対する対応策を進めて欲しいですね。
  


Posted by ニュー at 02:00

2018年10月07日

カフェインが含まれるお茶やコーヒーや紅茶の利尿作用

カフェインが含まれるお茶やコーヒーや紅茶には利尿作用があると言われていますが、実際にこれらの飲み物を飲んでいても、脱水症状にはなりづらいのだそうです。

人間の腎臓は関連が摂取されると、ナトリウムと水分を体外へ出そうとするため尿が多く出ることになりますから、お茶やコーヒーや紅茶を飲み続けると、脱水症状になってしまうのではと心配されます、実際にはそれほど心配しなくて良いようです。

これは、お茶やコーヒーや紅茶が飲み物である水分であることから、まず最初に必要な分の水分を補給した上で、カフェインの利尿作用で残りの水分が尿として排出される訳で脱水症状へとは繋がらないようです。

もしも夏の暑い盛りに水分補給のためにお茶を飲みたいのならば、カフェインが含まれていない麦茶が最適なのですので、日本では古くから夏に麦茶を飲む習慣があるは、すぐれた先人たちの知恵だったのかもしれません。
  


Posted by ニュー at 06:49